›  
【中級③】基本的に使った後に売れるものを買おう

【中級③】基本的に使った後に売れるものを買おう

あなたが何かを購入する時にどんなことを考えて購入しますか?
日用品などは値段の安いものを購入しますよね。
ただ、パソコン、スマホ、掃除機などの電化製品等の場合は…どうですか?
若干機能は落ちても安いものを選んでしまう人…残念ながらこの考えは結果的に損をしているかもしれません。

長く使うものを購入する時、どんな事を考えますか。
買ってから使う事を普通は想像しますよね。
ただ当たり前の事ですが、ものはいずれ使わなくなります。
その時に、「捨てる」か「譲る」か「売るか」の選択肢を迫られます。

私は購入前から「売る事」を前提に購入しています。
そう。使わなくなった時にどれだけ高く買い取ってくれるかを想像して購入しているのです。

高く売れれば売れる程かったもののコストが下がります。
また、モノによっては買った時よりも高く売れるなんて事もあります。

8800円の掃除機と19000円の掃除機ではどちらが得か?

例えば東芝社の19000円のサイクロン式掃除機トルネオは人気の機種で、
それは中古になっても変わりません。2~3年だと半額で買い取ってくれます。
4年を超越すると4程度と言われています(ただし5年で激しく値落ちします)。

トルネオは何故に人気が高いかというと仕事率が高いのもさることながら、
お手入れが簡単かつ水洗いが可能と講評なのです。
それゆえ、値崩れがしにくいですが、中古でも安定した買取価格となっています。

19000円は高いよ…と8800円の仕事率の低い紙パック掃除機で妥協してしまうケースがあると思います。
掃除機なのに仕事率が悪い、手入れが面倒、ストレスがたまると精神的にも悪循環、
かつ中古価格に値段がつかず、捨てる場合は粗大ごみとして持ち込む手間がかかり、さらに粗大ごみステッカー代を支払う。
と購入時の価格が安かったという事だけで他は良い所がありません。

あなたはどちらを選ぶでしょうか。

消費するのではなくレンタルするという概念

当然ですが商品には人気のあるものと無いものがあります。
そして、人気な商品にも寝落ちが激しいものと値落ちが緩やかなものがあります。
人気があり、値落ちが緩やかなものを購入する事。
使いきる考えではなく、レンタルする概念で商品を購入する事
により
常に人気商品を手元に置いて使う事が出来ますし、効率よい仕事をする事が出来ます。

そして激しい寝落ちをする前に速やかに販売する事で、
次に購入する商品の資金を得る事が出来ます
し、
その資金があれば安かろう悪かろうといった商品を掴まされる事も激減します。
むろん、通常よりも商品を丁寧に壊れない様に使う意識をしなければなりませんが
レンタル品を利用していると思えばそれも苦にならないですよね。

また、シール等も剥がさない様に商品を利用する様に心がけて下さいね。

買った後にAmazonやメルカリで売ろう

使わなくなった商品は絶対にリサイクルショップに売ってはいけません。
リサイクルショップだと二束三文でしか引き取ってもらえません。

必ずAmazonマーケットプレイスやメルカリに出品して売りましょう。

自分で売るのがお金を手元に残す最大のコツです。

メルカリで高く販売するにはコツがあります。
商品のシールなどをはがさない事。
そして、紹介文を丁寧に要点をまとめて書く事。
綺麗な写真を掲載する事(日中の撮影が好ましい)。
そして、はじめは少し強気の価格で出品する事です。

おすすめはAmazonマーケットプレイスでの販売です。
商品の写真と、商品説明、概要はAmazon側で用意してくれていますし
送料も基本的には設定されていて個別に説明する必要もありません。
出品する際には商品の状態(新品・中古・非常に良いなど)を選んで、
状態など簡単に記載して、価格を設定すれば出品ができちゃいます。
パソコンが苦手な人でも楽々出品が可能なんです。

良いものは、少し背伸びしても欲しくなるものです。
買い手が欲しくなる様な努力をしてみて下さい。

売れるものを事前にリサーチしてから買おう

では、どのようにして売れ筋商品とそうでない商品を見分けるのか。

Amazonランキングで調べることが出来ます。

人気度ランキングは、各カテゴリで前日と比べて急激に売り上げの伸びた商品が表示されます。
こういった商品からニーズのある商品を探していきます。

また、売れ行きのいい商品をチェックするだけでなく、
「この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています」 をチェックすることで、
ニーズのある商品を見つけられる場合もあります。